つのっちの主張「教育勉強」

福井の論理男 家庭教師”つのっち”の主張【第89回:ド素人の洗濯機修理日記一日目】

投稿日:2019年1月22日 更新日:

どうも、福井の論理男 家庭教師のベストマン所属講師 社会科、数学担当 角田です。

皆様あけましておめでとうございます。

さて、少し前に丸一日ほどぶっ壊れてしまっていた洗濯機を自力で修理して

中々にひどい目に遭ったりしましたがその作業中にふと思いついたことがあったので記事にすることにしました。

それではどうぞ

 

先日降りかかった出来事

 

あれは一週間ほど前でした。

バイト先の制服と部屋着を纏めて洗濯機に突っ込んで洗濯をしていたのですが、

中古で買ったものを使い倒していたせいか中々に怖い音を立てながらも何とか動いてはいました。

(注:怖い音【特に脱水の時に聞こえるプラスチック系パーツの軋む音】)

 

そしたらいきなりアラーム音が鳴って洗濯が中断、

パネルのライトが点滅するばかりで動かず電源を落としてから再び動かしても勝手に止まる始末。

腹立たしさから二、三度キレて大声を出したのはご愛嬌というところ。

 

何処が壊れているのか取りあえず調べようと洗濯ものを引っ張り出し、

槽洗浄をしたり、蛇口を閉じて給水周りを調べたり、

排水口を外して繋ぎ直したり色々やりましたが無のつぶて。

 

結局、ネットで取扱書を落として調べてみると

ロック部分が壊れているのか認識出来ていないのか。

そのせいで蓋をロックして行う作業が出来ない状態になっていることが分かりました。

 

 

 

数分で分かるド素人による洗濯機修理

 

さて、問題がロック部分の故障というところが分かったところで問題はどうするか。

普通なら修理業者を呼んで修理するんでしょうが、

私は基本的にケチなねじくれ者です。

 

修理に出せば数日は洗濯機が使えない上に

数千から下手したら万単位の出費になります。

 

そんなの貧乏人が認められるわけがありません。

取りあえず一日出来るだけやってダメだったら修理か買い替えよう。

そう思い立った私は電源を切って暫くしてから修理を始めました。

 

皆さん、当たり前ですが感電は非常に危険です。

もしこの記事を読んで修理しようと思っても私は責任は取れません。

行う際はゴム手袋などを装備し電源を切って時間を取ってから作業を行ってください。

 

とはいえやったことは非常にシンプルなものです。

先ずネジで固定された部分を外し、

接着に使われている樹脂か何かを力任せにひっぺがえす。

後は操作パネルの下部分を外して、ネットの動画や記事を参考にしながら

目的の修理箇所を見つけるだけ。

 

今回は蓋のロック部分が問題でしたので、

ロック部分を重点的に見て汚れを落としたり、

金属パーツに潤滑スプレーを吹きかけたりして留め金が動くようにしました。

 

結果については、修理屋を呼ぶことも新しく買いなおす必要もなかった。

ということで説明になるでしょう。

 

ねじを留めなおして再び操作するとちゃんと洗濯からすすぎ脱水まできっちりと仕事してくれました。

 

案外知ろうと仕事でもなんとかなるということを知り、一安心です。

まさか原付の修理やら何やらで用意した工具一式がここで役に立つとは思いませんでした。

備えあれば憂いなしというやつです。

 

とまぁ、ここまでなら記事にする必要もないことなのですが、

ふと思い返せば考えさせられることがあったりしました。

 

というわけで続きは次回、

 

 

 

 

 

 

私たちは心強いパートナーとしてあなたの「受験」にきっと役に立つことでしょう。

福井の家庭教師ベストマンと共に戦いましょう!

 

 

 

お問い合わせの際の電話やEメールが面倒だという人は、

福井の家庭教師ベストマンの公式ラインアカウントにメッセージを送っていただくだけで

無料体験授業の申し込みができます。

 

 

福井の家庭教師ベストマン公式ラインのアカウントはコチラ

スマホからであれば下の画像をタッチすれば友達登録できます。

 

 

 

投稿者プロフィール

Kato
Kato
こんなブログを見るくらいなら勉強しましょう。
時間の無駄です。

でも、毎日5分ムダにしたいなぁ~って人は見てください。

-つのっちの主張「教育勉強」

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.