やる気アップ 成績アップ

【実例集】受験生の夏休みの過ごし方【中3の夏休み】

投稿日:

みなさん、今週も学校・お仕事お疲れ様でした。

福井の家庭教師のベストマン代表加藤です。

 

福井県の中学生の皆さんは夏休みが始まって早くも「1週間」が経ちました。

時間にして168時間。

この一週間どう過ごしましたか?学校の課題は終わりましたか?

 

今週は部活動によっては県大会があり、あまり机に向かえなかった生徒さんもいらっしゃったと思います。

しかし「部活動で勉強できなかった。」というのは、受験生である皆さんにとっては言い訳に過ぎないのです。

 

学校の課題だけに追われて夏休みを終えてしまえば、みんなとの差を埋めることも生み出すこともできません。

学校の課題はみんなが取り組むことなのですから、みんなと同じことをしても何も変わりません。

 

受験で重要なことは基準点を満たすことではなく、他の生徒の点数を超えることです。

とにかく周りを意識してください。とにかく周りに勝てればいいのです。

 

この勝負に勝つためには、最後の夏休みをどう過ごすかが大事であるのは言わずもがなのこと。

今回は、受験に勝った先輩が夏休みをどう過ごしたのか実例を元にご紹介いたします。

 

 

 

受験を成功に導く夏休みの過ごし方

さて、先ほども申し上げました通り、中学三年生のみなさんにとってこの夏休みは中学校生活で最後の夏休みとなります。

受験後に「去年の夏休みもっと頑張っておけばよかったなぁ...。」

なんて言わないためにも悔いのない充実した夏休みを過ごしたいですよね。

 

でも具体的にどう過ごしたらいいのかわかりませんよね。

毎日宿題が出るわけでもなく、毎日先生がやることを指示してくれるわけでもない。

塾や家庭教師をしていない生徒さんは自分で自分をマネジメントしなければなりません。

 

ただ学校の宿題を毎日やるだけでは、周りとの差が生まれない...。

どう過ごせば、何をすれば、周りよりアドバンテージを得られるのか。。。

 

 

まずは、なぜ中学3年生の夏休みが重要であるのかということからお話させていただきます。

 

 

なぜ受験生にとって夏休みの過ごし方が大事なのか?

大事な時期と言われる中学最後の夏休み、この時期はいったいどういう時期なのでしょうか?

 

受験を意識して自主学習を始める生徒は

中学3年4月までに6割

夏休みまでに始める生徒は8割

と言われております。

 

部活動を引退した生徒がこの夏休みをきっかけに一気に受験勉強を始めるのです。

ここからはみんな勉強していますから、自分がある程度勉強に取り組んでも順位に影響が出にくくなります。

みんな勉強しているのですから当たり前ですよね。

みんな勉強し始めるこの時期を逃してしまい勉強しなかったら。。。。

それはもはやウサギとカメさんのカメさんが寝てる状態です。

差はあっという間に開いていきます。

 

また、この夏休みが終わってから2か月後の11月上旬、「学力診断テスト」という学校側が個人の進路を決める上で非常に重要なテストがあります。このテストは確認テストよりも難易度が高く例年生徒はその難しさと問題の多さに驚きます。

このテストは確認テストと少し仕様が違い対策が必要で、私の生徒は夏休みから対策を始めています。

 

この学力診断テストで200点以下である子は例年12月の三者懇談で、私立の「併願」を受けれないだろうということから私立の「専願受験」を勧められます。200点以上あっても志望高校にそぐわない点数であれば、無理なものは無理とハッキリ言われますので覚悟しておいてください。

※担任の先生に無理といわれるとまたモチベが下がりますので注意。

 

 

そして、学力診断テストだけではなく、夏休みを明けた後からの確認テストは難易度が高くなり頑張っても点数を上げにくくなります。

夏休み前までは、テストの点数を「上げていく期間」だったのが、

夏休み後になると、テストの点数を「下げないようにする期間」に変わっていきます。

点数を上げていくどころか、下がらないようにするのに必死になります。

夏休み後はテスト結果でどんどん自信を奪われていきますのでモチベーションを保つこと自体大変です。

そしてモチベーションが保てない状態で学習習慣を身に着けることは非常に困難です。

 

夏休みで学習習慣を身に着けられなかったら、

夏休み後の難しいテストで当然点数が下がりモチベーションも上がらない、

課題も多くなり色々考える暇もなく宿題に追われるだけの日々を過ごし、自分のペースで受験勉強に取り組めないという悪循環に陥るということです。

 

そうなっては後の祭り。

夏休みの間に確固とした自主的な学習習慣を身に着けることが重要です。

夏休みが終わる前までに学習習慣を身に着けることができれば、受験までに逆転も可能です。

夏休みの一番の目標は自主学習を常習化することです。

 

自分の時間を自分で管理するというこの夏休みを機会に、自身の普段の過ごし方について見つめ直し、

それを通して自分の将来への目標も少しづつ明確にしていくことが大事なのです。

 

ですので受験生にとって最後の夏休みはある意味「最後の砦」ともいえる重要な局面なのです。

 

 

こんな夏休みを過ごしたら受験に成功した!【実例】

実際受験に見事成功した生徒が夏休みをどう過ごしたのか聞いてみました。

※一部分かりやすいよう言葉を変えております。

 

高志高校 Iくん

 

僕は、夏休みの間に1年生から3年生のすべての教科の確認テストの過去問に取り組みました。

1年生の問題でも解けない問題がたくさんあり、その時解いた問題が学力診断テストに出題されやっておいてよかったと思いました。

学校の課題は加藤先生に7月中にすべて終わらせるよう言われたので8月までに作文、読書感想文以外終わらせました。

7月中に学校の課題終わらせて8月からすぐ確認テストの過去問に取り組み、夏休みが明ける直前になんとか3年生の第4回確認テストの過去問まで取り組むことができました。

学校の課題は言われないと先延ばしにしてしまい中途半端になってしまいがちなのでなるべく早く終わらせたほうがいいと思います。

学校の課題は答えはもらってなかったけどわからない問題はLINEや家庭教師の時に教えてもらったのでスムーズに終わらせることができました。

 

鯖江高校 Sさん

 

私は、夏休みまでまったく勉強をしていませんでした。夏休みに入っても家では集中できず悩んでいました。

その時家庭教師の先生に図書館で勉強することを勧められすぐお母さんに連れてってもらいました。

近くの図書館は同級生の子が来るかもしれないから気になるようだったら県立図書館に行くといいと言われ県立図書館に行きました。

県立図書館に行って驚いたことは机の数の多さとその机すべてに勉強している人が座っていたことです。

空いている席を探すのに時間がかかりました。

そしてみんな勉強しているのを見てヤバイと感じました。

県立図書館は遠かったのであまりいけませんでしたが、図書館に行ってやばいと感じたことで家でも勉強できるようになり学力診断テストで結果を残すことができました。ありがとうございました。

 

羽水高校 Hさん

 

私は夏休み、家で集中できないことを加藤先生に言うと「県立図書館」に毎日行くといいよ。とっても集中できるからと言われました。

朝は席が取られるから営業時間30分前から並んでいなさいと言われ朝学校の行事がない日は朝から通いました。

先生に言われた通り中は静かで机も電気もコンセントもありとっても集中することができました!

おかげで志望校に合格することができ、いまでも図書館には通っています!

 

武生工業高校 Jくん

僕は夏休み先生に毎朝5時に起きてLINEで昨日の夜に取り組んだ問題を送ってくるよう言われたので毎日朝5時に起きて取り組んだ問題の写真を送りました。朝早く起きる理由がないと起きれない。起きれないと昼まで寝て一日を無駄にすると言われました。その通りだと思いました。送るのを忘れた日はすぐ言われたので続けられました。おかげで諦めていた工業に合格できました。

 

まとめ

中学三年生の受験生の皆さん参考になりましたか?

私は生徒にはモチベ向上と維持のため夏休み図書館やその他公共スペースを活用して勉強することを勧めています。

みなさんも自分に合った方法で学習習慣を身に着けるため、いろいろと試行錯誤し工夫してみてください。

 

最後の夏休みは学校の補充や、夏休みの学校の課題、オープンスクールと忙しいでしょうが、その中にある「自由な時間」にどう行動するかで差が生まれます。

志望校も大体決まってきた時期、同じ志望校の子をよく観察しましょう。

その子が勉強していなければチャンス!増々差を広げるために頑張りましょう。

もし自分よりも勉強しているのであれば、すぐ差を埋めるための努力をしましょう。

この夏休みはとにかく周りを意識して行動しましょう!

 

それではみなさん、

ご閲覧ありがとうございました。

 

最後に

福井県の新中学1年生、2年生、3年生になられる生徒さんへ

福井の家庭教師ベストマンでは、日ごろの学習支援だけではなく、生徒さんの将来の目標を見つける手助けも積極的にさせていただいております。

色々調べてみたけど分からない、受験生の自覚がない。高校受験って何??

といった生徒さん、大歓迎です!

 

 

また、もうすでに塾や家庭教師に通われている方も多いと思いますが、今利用されている学習支援サービスに少しでも悩まれているのであれば、

まずはベストマンの無料体験授業を受けてみてください。

 

そして、比較してください。細かなとこまでとにかく比較してください。

違いを感じてください。

 

福井市、鯖江市、越前市武生、坂井市に講師多数在籍中です!

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

そして、

ただいま7月のキャンペーンを実施しております。

7月末までの期間限定のご入会で、

 

新規申し込みの方限定で、Quoカード 2000円分プレゼントです!

 

また!

 

乗り換えキャンペーンです!

他塾・他社家庭教師の利用中の方限定

120分(2時間)×4回分の授業料無料

※交通費は発生する場合がございます。

 

このキャンペーンは当月だけではなく、入会中であれば

いつでも好きなタイミングで利用することができます。

 

 

 

 

 

この機会に是非!ご利用くださいませ。

 

それでは皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。

失礼します。

 

 

 

また、福井の家庭教師 ベストマンについてわからないことがあれば、

お気軽にホームページのお問い合わせから

もしくは、

福井の家庭教師ベストマン公式ラインまで

ご質問ください。

それでは失礼いたしました。

 

 

 

 

私たちは心強いパートナーとしてあなたの「受験」にきっと役に立つことでしょう。

福井の家庭教師ベストマンと共に戦いましょう!

 

 

 

お問い合わせの際の電話やEメールが面倒だという人は、

福井の家庭教師ベストマンの公式ラインアカウントにメッセージを送っていただくだけで

無料体験授業の申し込みができます。

 

 

福井の家庭教師ベストマン公式ラインのアカウントはコチラ

スマホからであれば下の画像をタッチすれば友達登録できます。

 

 

 

 

最後まで見てくださりありがとうございます。

ホームページはこちらから↓↓↓↓

福井県「最安値」にトライ!! 家庭教師ベストマン

 

 

-やる気アップ, 成績アップ

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.